血友病の改善について

血友病においては早期発見・早期治療によって、血液の機能を低下させないことがとても大事です。血友病の治療は、日常の生活習慣の改善、食事療法や薬物治療による血液管理、血友病改善も多くなるわけですが、若いときから塩分をひかえるように注意していれば、高血圧にもなりにくく、脳卒中で倒れる危険も低くなります。心臓病も、動物性脂防のとり方に注意することでかなり防げます。つまり、どんな生活習慣が¥病気をつくりやすいか、逆に、どんな生活習慣が健康につながるかを知り、麫病気をつくる生活習慣を改めることで、病気になるのを予防することができるのです。
とはいっても、いかに予防に努めても、年をとって体が老化してくると、いつかは治しようのない慢性病病にかかることになります。コレステロールなどに注意していても、老人になれば動脈硬化が起きてきま すし、血圧も高くなります。こうした慢性病は、高齢になるまで牛きていればかならず起こってくる、宿命ののようなものなのです。
しかし、だからといってがつかりすることはありません。ここがだいじなポィントなのですが、よい習慣を身につけて予防をしていると、慢性病の発症をずっと遅らせることができるのです。一度正常に達した 認知機能が後天的な血液の障害によって持続性に低下し、日常生活や社会生活に支障をさせます。

Copyright© 2012-2013 血液が固まりにくい病気―血友病について All Rights Reserved.